教育理念・目標

教育理念

看護部の理念に基づいた看護が実践できるよう、互いに影響し合いながら、自ら育つ力を備えた看護師を育成する。

新人看護職員教育の指針

当院の新人看護職員教育は、『みんなで育つ』、『自ら成長する』という方針のもと、集合研修とOJTを組み合わせて実施する。
集合研修は、段階的に知識と技術を修得できるよう計画し、OJTで導入しているプリセプターシップでは、全てのスタッフが自分の役割を見出し、互いに学び、成長し合うことを目的としている。

教育体制

新人看護師の能力開発を、上司に代わって先輩看護師が一定期間OJTを実施する。

1. 目的

新人看護職員が段階的に職場環境に慣れ、知識と技術を修得する過程において、すべてのスタッフが自分の役割を見出し、互いに学び、成長し合う。

2. 目標

1. プリセプティの到達状況に応じた指導を行うことにより、意欲を伸ばす。
2. プリセプティのリアリティショックを理解したり、対処しながら、職場環境に適応する。
3. プリセプティの指導を通して、プリセプターをはじめ、それぞれのスタッフが自分の役割を見出し、成長する。

3. 方法

プリセプティごとに担当のプリセプター、アソシエイトを決め、それぞれの役割のもと指導を担当し、その他のメンバーも各自の役割に応じた関わりをする。プリセプター、アソシエイトが複数のプリセプティを担当する場合もある。
プリセプターシップ期間中は、定期的に評価会を行う。
プリセプターシップ期間終了後は、全スタッフが「みんなで育つ」「自ら成長する」を意識して、各自の役割に応じた関わりをする。

4. 期間

新規採用者オリエンテーション終了後、12週を基本とする。
プリセプターシップ期間の初期4週間は、プリセプティとプリセプター、あるいはアソシエイトは可能な範囲で同じ勤務にする。