仕事場のようす

3A病棟
小児科、小児外科を主に15才未満の子どもが入院します。子どもたちが納得して検査や手術を受けられるようプレパレーションやディストラクションを積極的に行っています。また、自宅で人工呼吸管理や経管栄養などの医療的ケアが必要な子どもと家族に対して、安心して生活できるよう退院支援に力を入れています。

3B病棟
産科・婦人科の混合病棟です。地域周産期母子医療センターとしての役割もあり、近隣施設からの母体搬送も受け入れています。また「宿泊型産後ケア」も開設され正常から異常までの経過、女性のライフサイクルを重視した幅広い視点をもって安心して入院生活を過ごせるよう支援しています。

3C病棟
婦人科、小児外科が主な診療科で、幅広い年齢層の患者さんを対象としており、リプロダクションセンターもある女性専用病棟です。「患者さんのために」を合言葉に、患者さんに寄り添える看護が提供できるよう、他職種との関係を密にして頑張っています。

4A病棟
消化器・一般外科、乳腺外科、泌尿器科の外科系混合病棟です。周手術期の患者さんが多く入院していますが、終末期を迎えられる患者さんもおられます。患者個々のニーズに応じたケアが出来るよう、多職種とも連携し看護実践を行っています。

4B病棟
整形外科単科の病棟です。身体機能の回復と日常生活への復帰を目標に他職種と連携を図りながら、安全な看護が提供できるように努めています。退院される時には、入院前の不自由な生活から解放されて、自分らしく生きる時間を取り戻せる事を嬉しそうに話される姿を見ると、看護のやりがいや充実を感じます。

4C病棟
救急診療科、泌尿器科、麻酔科の混合病棟です。緊急入院や手術の患者さんが多く、チームで力を合わせて、患者さんの回復を支援しています。お互いのいい所を認め合いながら、力を合わせて頑張っています。

4D病棟
外科系の混合病棟です。手術や化学療法など急性から回復期など幅広く看護を提供しています。多職種と連携をしチーム一丸となって、患者さんやご家族が笑顔で退院できるよう日々支援しています。スタッフみんなも笑顔で働いています。

5A病棟
血液内科と消化器内科の2科混合です。化学療法や疾患により、口腔内のトラブルを抱えた患者さんが多くみられます。口腔内の観察を定期的に行い、患者さんが少しでも食事ができるように、話ができるように、そして笑い、安楽な日常生活が送れるよう、寄り添った看護に心がけています。

5B病棟
循環器内科と心臓血管外科のハートセンター病棟です。急性期・慢性期・周手術期と様々な患者さんが入院されています。循環器疾患は継続したセルフケアが必要であるため、他職種と連携し、患者さんそれぞれのニーズにあった看護が提供できるように努めています。

5C病棟
呼吸器内科、循環器内科、消化器内科の内科病棟です。継続的な治療を必要とする患者さんが多く、一人ひとりの患者さんとじっくり向き合い、看護師の処置や対応、生活指導によって症状の回復につながることが実感できる病棟です。

5D病棟
呼吸器、消化器、循環器の内科病棟です。検査入院、化学療法、カテーテル治療等を受ける方や慢性期、終末期の患者さんが入院されています。退院後も疾患を抱え生活していく患者さんのための退院指導、緩和チームと連携し終末期の患者さんと家族に寄り添った看護に力をいれています。

6A病棟
脳神経外科・耳鼻咽喉科・呼吸器外科を中心に8診療科を有する外科・内科混合病棟です。周手術期・急性期・回復期・慢性期と様々な状況の患者さんがおり、今必要な看護の提供とともに先を見据えた看護が提供できるよう、多職種と連携しチームで頑張っています。

6B病棟
眼科、脳神経内科、救急診療科の混合病棟です。同フロアに脳卒中ケアユニットがあり、他職種と連携しながら入院から退院まで切れ目のない看護を提供しています。また、患者さんの眼・手足となり、笑顔と優しさで、患者さんが癒されるよう支援しています。

6C病棟
診療科5科を有する混合病棟です。急性期から慢性期まで幅広くご入院されますが、医師らのサポートや専門的な学習の機会も多くあるので最新の医療(治療)を学び安心してケアが提供できます。また、業務の偏りない環境を目指しワークライフバランスの充実を図っています。

6D病棟
脳神経内科・脳外科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科の混合病棟です。神経難病や高齢の方で援助を必要とする患者さんがおられます。個別性看護を意識しニーズに応じた安心できる入院環境になるよう心掛けています。住み慣れた療養の場に早期に戻れるよう力を合わせて多職種と連携し退院支援を行っています。

7C病棟
全室個室で全診療科対象の病棟です。個室という静かな落ち着いた環境で、患者さまに寄り添った心温かく丁寧な看護を提供しています。また、患者さま・ご家族の意向に沿った退院が迎えられるよう、各診療科医師やコメディカルとの多職種連携に力を入れています。

7D病棟
糖尿病やリウマチ、腎不全等の慢性疾患を持つ患者さんが多く入院されています。糖尿病教育、透析を受ける患者の生活指導・退院支援等、疾患共に自分らしい生活が送れるように看護を行っています。

NICU・GCU
早産や低体重で生まれた赤ちゃん、出生後に何らかの治療を必要とする赤ちゃんが対象です。赤ちゃんのストレスを最小限に抑え、赤ちゃんの反応を見ながらその成長・発達を見守り促進するための看護を提供することを目指しています。

SCU
脳卒中ケアユニットは急性期脳卒中の患者さんを対象とした病棟で、順天堂6病院で初めて設立されました。看護体制は、患者さん3名に対し看護師1名の人員配置になっています。多職種と連携をはかり、早期から社会復帰に向け専門性の高い医療・看護ケアを提供できるようスタッフ一丸となって取り組んでいます。

集中治療室
集中治療室は、病院の中央診療部門で、特定の診療科に所属せず、手術後や急変・重症患者を受け入れ、安全で質の高い医療を実践しています。また、早期リハビリテーションに取り組み、退院後の生活を見据えて患者さん・ご家族と協力し回復過程をサポートしています。

救命救急センター
心肺停止、重度外傷、脳卒中、心筋梗塞、広範囲熱傷など緊急で運ばれた、重症患者さんの看護を行っています。医師が行う治療の処置介助だけでなく、身体を清潔に保ち、痛みを和らげたり、患者さんだけでなく家族のサポートを行うことは、看護師の重要な役割です。救命チームの一員として一緒に働きませんか?

手術室
12部屋を有する手術室は、年間約9,300件の手術を行っています。急性期病院であり、3次救急を受け入れる役割があることから緊急手術の件数も年々増加しています。不安な思いを持ち手術を受ける患者さんへの入室時の声掛けや安寧と身体への負担軽減を目指した器械出し・外回り看護を行っています。