中堅ナース

中堅

自分を支えてくれた先輩と 同じように後輩を支えられる 存在でありたい!

千葉県出身/田原 由貴

現在の部署・仕事内容を教えてください
A. 私は6B病棟で勤務しています。6B病棟は眼科と脳神経内科が主科の病棟となっています。麻痺や視力障害により日常生活が困難となった患者さんが、日々安全・安楽に日常生活が送れるよう援助を行ったり、内服・点滴管理等の診療補助業務を行います。また、治療・手術が円滑に行えるよう介助も行っています。
疾患により様々な不安を抱えた患者さんに寄り添い、精神面での援助も大切に日々業務に励んでいます。
なぜ順天堂大学浦安病院を希望されたのですか?決め手などありましたら教えてください
A. 私は順天堂大学浦安病院を訪れたとき、ナースステーションの雰囲気の良さや看護師の患者さんに対する丁寧な対応を目の当たりにしました。看護師と患者さんとの距離感が近く、大学病院であるにも関わらず地域に根差しているという部分に強く惹かれました。この病院であれば、高度な医療を学びながら自分の理想とする「患者さんに寄り添い、心暖まる看護」を提供する看護師に近付けると思い希望しました。
実際に働く中で、病院の特徴や良いところはどのようなところだと感じますか?
A. 他職種を交え、病院全体の雰囲気はとても良く、職場は笑顔にあふれ働きやすい環境です。また、大学病院として様々な疾患や症例、専門的な知識を学ぶだけでなく、患者さんとの関係性も築いていくことができる地域に根差した病院でもあります。教育にもとても力を入れており、病院全体で新人からベテランまでキャリアアップを支援する環境が整っています。
看護のお仕事で、普段心がけていることはありますか?
A. 入院中の患者さんやご家族は様々な思いを抱えています。そんな患者さんやご家族の思いを傾聴し、感情を表出しやすいよう、心が安らぐような声かけや丁寧な対応を心がけています。また、患者さんの生活の場である病室の環境整備を徹底し、綺麗な空間で安心して治療に励めるよう努めています。
患者さんやご家族より「あなたがいてくれて良かった。あの時のあなたの言葉に救われました。」と言って頂けた時に、「看護師になって良かった」と心から思いました。
逆にここは大変だ、辛いかなと思うことはありますか? できればその際の対処法も教えてください。
A. 時には業務に追われ、ゆっくりと患者さんの思いを傾聴したいと思っていてもなかなか時間が取れないことがあります。話しをしたくても出来ないジレンマに陥ることがあるのです。その時は、他のスタッフに協力を依頼したり、先輩に相談することで、スタッフみんなで助け合いながら日々業務に励んでいます。スタッフ間の協力体勢はしっかりと整っており、大変な時や辛い時はお互いに支え合えるような環境です。
看護部の教育や研修についてはどうでしょうか?
A. 新人教育やステップアップ研修など、看護部の教育や研修は非常に充実しています。人それぞれの能力・段階に応じた研修が組まれており、現在の自分に必要な知識や技術を同じ境遇の他病棟スタッフと共に学習する機会が年間に何度か設けられており、気持ちを共感したり刺激し合ったりしています。現在、私は学内認定に向け研修・実習に励んでいるところです。
浦安とはどんな街ですか?また、休日の過ごし方なども教えて下さい。
A. 浦安市には駅が2つあり、その周辺には様々なお店が立ち並び、便利で綺麗な街です。東京都内だけでなく千葉県内の有名スポットへのアクセスも良く、病院からは東京ディスニーリゾートへバスまたは自転車で行くことも出来ます。休日は友人と都内へ買い物や食事に行ったり、ホットヨガに通い心身共にリフレッシュしています。休暇も取りやすいので、連休や夏休みを利用して旅行に行くことも楽しみの一つです。
将来の夢や目標はありますか?
A. 6B病棟で7年勤務していく中で、慢性疾患を抱えながらも病と共に生きていかなくてはならない患者さんをたくさん看護してきました。在宅で療養したくても様々な問題により帰ることが出来ない患者さんもいらっしゃいます。そんな患者さんが安心して在宅療養が出来るよう支援する訪問看護師になることが今の私の目標です。その夢の実現に向け、現在退院調整に力を入れ日々患者さんと関わっています。
現在の部署・仕事内容を教えてください
A. 私は6B病棟で勤務しています。6B病棟は眼科と脳神経内科が主科の病棟となっています。麻痺や視力障害により日常生活が困難となった患者さんが、日々安全・安楽に日常生活が送れるよう援助を行ったり、内服・点滴管理等の診療補助業務を行います。また、治療・手術が円滑に行えるよう介助も行っています。
疾患により様々な不安を抱えた患者さんに寄り添い、精神面での援助も大切に日々業務に励んでいます。
なぜ順天堂大学浦安病院を希望されたのですか?決め手などありましたら教えてください
A. 私は順天堂大学浦安病院を訪れたとき、ナースステーションの雰囲気の良さや看護師の患者さんに対する丁寧な対応を目の当たりにしました。看護師と患者さんとの距離感が近く、大学病院であるにも関わらず地域に根差しているという部分に強く惹かれました。この病院であれば、高度な医療を学びながら自分の理想とする「患者さんに寄り添い、心暖まる看護」を提供する看護師に近付けると思い希望しました。
実際に働く中で、病院の特徴や良いところはどのようなところだと感じますか?
A. 他職種を交え、病院全体の雰囲気はとても良く、職場は笑顔にあふれ働きやすい環境です。また、大学病院として様々な疾患や症例、専門的な知識を学ぶだけでなく、患者さんとの関係性も築いていくことができる地域に根差した病院でもあります。教育にもとても力を入れており、病院全体で新人からベテランまでキャリアアップを支援する環境が整っています。
看護のお仕事で、普段心がけていることはありますか?
A. 入院中の患者さんやご家族は様々な思いを抱えています。そんな患者さんやご家族の思いを傾聴し、感情を表出しやすいよう、心が安らぐような声かけや丁寧な対応を心がけています。また、患者さんの生活の場である病室の環境整備を徹底し、綺麗な空間で安心して治療に励めるよう努めています。
患者さんやご家族より「あなたがいてくれて良かった。あの時のあなたの言葉に救われました。」と言って頂けた時に、「看護師になって良かった」と心から思いました。
逆にここは大変だ、辛いかなと思うことはありますか? できればその際の対処法も教えてください。
A. 時には業務に追われ、ゆっくりと患者さんの思いを傾聴したいと思っていてもなかなか時間が取れないことがあります。話しをしたくても出来ないジレンマに陥ることがあるのです。その時は、他のスタッフに協力を依頼したり、先輩に相談することで、スタッフみんなで助け合いながら日々業務に励んでいます。スタッフ間の協力体勢はしっかりと整っており、大変な時や辛い時はお互いに支え合えるような環境です。
看護部の教育や研修についてはどうでしょうか?
A. 新人教育やステップアップ研修など、看護部の教育や研修は非常に充実しています。人それぞれの能力・段階に応じた研修が組まれており、現在の自分に必要な知識や技術を同じ境遇の他病棟スタッフと共に学習する機会が年間に何度か設けられており、気持ちを共感したり刺激し合ったりしています。現在、私は学内認定に向け研修・実習に励んでいるところです。
浦安とはどんな街ですか?また、休日の過ごし方なども教えて下さい。
A. 浦安市には駅が2つあり、その周辺には様々なお店が立ち並び、便利で綺麗な街です。東京都内だけでなく千葉県内の有名スポットへのアクセスも良く、病院からは東京ディスニーリゾートへバスまたは自転車で行くことも出来ます。休日は友人と都内へ買い物や食事に行ったり、ホットヨガに通い心身共にリフレッシュしています。休暇も取りやすいので、連休や夏休みを利用して旅行に行くことも楽しみの一つです。
将来の夢や目標はありますか?
A. 6B病棟で7年勤務していく中で、慢性疾患を抱えながらも病と共に生きていかなくてはならない患者さんをたくさん看護してきました。在宅で療養したくても様々な問題により帰ることが出来ない患者さんもいらっしゃいます。そんな患者さんが安心して在宅療養が出来るよう支援する訪問看護師になることが今の私の目標です。その夢の実現に向け、現在退院調整に力を入れ日々患者さんと関わっています。

順天堂大学浦安病院へ入職を検討されている方にメッセージをお願いします!

新人の頃は覚えることも多く、また学生の頃に学んだ教科書通りにはいかず悩み、苦しみ、涙を流した日もありました。自分が理想とする看護師像に近づくことが出来ず、落ち込むこともたくさんありました。しかし、先輩や同期に支えられながら日々壁を乗り越えていく中で、少しずつ成長していくことが出来たと思います。今では看護師を続けて良かったと心から思っています。
現在7年目となり新人指導も行っていますが、自分を支えてくれた先輩と同じように後輩を支え、困った時や辛い時、一番に手を差し伸べてあげられる存在になれるよう意識しています。私も全力で皆さんの看護師としてのスタートを支援します。ぜひ一緒に春から働きましょう!